時代とともに進化

鉄パイプ

私たちの周囲には、様々なものが存在していますが、時代とともに技術の進歩などによってものの変化も生まれる様になりました。
何かを保存する場合には、木やガラスなどの容器に保存する事も多くありましたが、現在では、プラスチック容器なども多く利用される様になっています。
特に、金属で加工する場合には、ものの強度や耐久性が増しますので、私たちの生活の様々な場面で使用される事となっています。
この様な場面における注意点としては、金属にも種類が多くありますので、種類によって使い分ける必要があります。
例えば、鉄の場合には、頑丈な特性がありますが、そのまま使用する場合には重量が大きいという事もありますので、この場合には、家の建築材などとして利用する事ができます。
ステンレスなどの場合には、サビがつき難く、傷もつき難いという特性があり、加工後の状態をある程度維持できるのであれば美しい表面をもっています。
そのため、キッチンの流しに利用したり、水回りに使用する事も多くあります。
軽くても変形し易いものなどもあります。
取扱い、使用目的・用途に合わせて利用する事が大切です。
業者に依頼する場合にも、取扱いがない材質もありますので、予め形なども含めて確認をしてから発注する様にしてください。

また、金属の場合には、強度や耐久性を伸ばすために、六価クロムなどを使用する場合もあります。
食べものを取り扱うものの場合には、使用ができない場合もありますので、専門業者に作業を依頼する前に、使用される薬品等についても確認しておく必要があります。
加工業者によって、仕上がりなどの違いも見られます。
量産する場合にはできれば作業実績や、作業したものについての資料なども確認しておくようにしておくといいでしょう。
それに試験片などの基準を調べるような金属加工を依頼する場合には、厳密なサイズや規定などが求められることもあるのでその点も考慮しておくことが大切です。

オススメリンク

鋼材関係を取り扱う業者

鋼材は主に鉄鋼メーカーが生産をします。
鉄鋼メーカーは主に高炉メーカーと電炉メーカーがあります。
高炉は鉄鉱石より鋼材を生産します。
電炉はリサイクル材を使用して鋼材を生Read more

JIS規格

金属の加工は主に専門の業者が行います。
切断や削孔等には専用の特殊な機会が必要になるからです。
金属の加工には切断、曲げ、切削といった形状に関わる加工以外にも、熱処理といった金属Read more

強度や耐久性が肝心

金属加工の場合には、細かい部品を取り扱う事も多くあります。
大手車メーカーなどの場合は別として、中小企業などにおいては、専門業者に少数の依頼をしなければいけない場合もあります。
Read more

関連リンク

カレンダー
2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930